記事の詳細

環境に流されないようにしよう。

環境を選び、創り出そう。
今の自分の環境の全ていっさい完全に自分の責任でいつでも変えることができることを認識すること。

反応する人生(リアクティブ)から自主的に行動する人生(プロアクティブ)に切り替えよう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る