記事の詳細

アンソニーのセミナーではこんな質問が
投げかけられることがあります。

———————————
人生のクオリティー(質)を形作る要素が
一つあるとしたらそれは何だと思いますか?
———————————-

人生の質を形作る1つの要素とは・・・

・人間関係
・経済状態
・健康
・キャリアでの成功
・年収
・親子関係

など

セミナーでは、上記のような答えが出てきます。

あなたは何だと思いますか??

アンソニーはこれらのどれからも
幸せや充実は生まれないと言います。

億万長者なら幸せだろう!!
と思いますが、必ずしもそうではないのですね。

たしかに、
仕事で成功すれば幸せになるでしょうか?
あなたの会社が上場すれば幸せでしょうか?
上場企業で働いていれば幸せでしょうか?
中小企業で働いていれば幸せでしょうか?

そうかもしれませんし、そうじゃないかもしれませんね。
では、何が違いを作るのでしょうか?

アンソニーは、
人々の人生のクオリティー(質)の差は、意味づけにある。
と言います。

例えば、

年収1000万円でも欠乏感にあふれていたり、
幸せを感じられていない場合もあります。

携帯電話があって、暖かい住む家があって、仕事があり
戦争もなく、いつでも食べ物が手に入って、家族もいる。
それでも幸せではないと思っている人もいるかもしれません。

あなたはどうでしょうか?

一方で、例えば、
心理学者のヴィクトール・フランクル氏は
次のような経験をした人です。

彼はユダヤ人であるがゆえに第二次世界大戦中、
ナチスによって強制収容所に送られました。

その体験をもとに著した「夜と霧」を
知っているかもしれませんね。

その著書の中でこんなことが伝えられています。

財産を全て没収され、
いつ死ぬかもわからない極限の状態の中にいた。
それでも、他人に対して、優しい言葉をかけたり、
一切れのパンを分かち合うことができる。

人はどんな物でも取ることができる。しかし、
どんな状況にあっても自分の態度を選ぶ自由や
自分自身の生きる道を選ぶという人間の自由だけは別だ

つまり、
どんな状況でも、そのことにどう意味づけするか?

それが人生のクオリティーを作る。
というわけです。

普段、あなたは物事に対してどのように意味づけを
しているでしょうか?

思い通りにいかなかったとき、

「いらいら」するでしょうか?
「やりがいがある!」と思うでしょうか?

「失敗した。恥ずかしい」と思うか、それとも
「成功するまでやる!」でしょうか?

同じ出来事でも、まったく異なってきてしまうのですね。

■これらの反応はどこからくるのでしょうか?

何かあると「イライラしてしまう」としたら
なぜ「やりがいがある!」ではなく
「イライラ」につながるのでしょうか?

アンソニーロビンズは
私たちが物事に対して意味づけする反応の裏には
ある力が関係しているといいます。

人生を変えて、意味づけを変えていくには
私たちが無意識に行っている「意味づけ」の裏にある
ある力を知ることが重要になります。

ちょっと混乱するかもしれませんが、
実は誰にでも簡単に学び利用することができます!

学者や論文のような難しい内容も、
誰にでも簡単に理解でき、しかもすぐに利用できる。
そんな内容がこちらです。

意味づけの裏にある力の秘密を知りたい!
人生を変えちゃう力を手にしたいあなたはコチラです

あなたも、情熱、愛、感謝、勇気、固い決意、幸せ、
喜び、成功、ワクワクを手にして、人生を楽しみませんか?

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る