記事の詳細

多くの人が嫌な感情を感じるルールを持っているにもかかわらず、
幸せを感じるルールは少ししか持っていないことに驚かされる。

「愛しているといつも言ってくれて
 高価なプレゼントを買ってくれて、
 エキゾチックな旅行に連れて行ってくれて、
 そして、嫌なことを喜んでやってくれるとき、
 私は幸せになれる」

このようなルールでは、幸せを感じる回数が
制限されてしまう。

幸せな感情を感じたい、誰かにあなたの愛や温かさを
伝えたいと思ったら、いつでも幸せを感じられるルールを作ろう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る